お盆 Ⅱ

今日になり、ようやく少しづつではあるが何時ものような仕事に就くことができる。

何しろ7月下旬のお骨堀に始まり、何とか盆に間に合うことができたのも関係者の方々のご理解、ご協力があってこそである。

忙しさの中でも、初対面のご先祖様、祖父母との対面もできたことが何よりでお盆にふさわしく供養もできたと思う。