寒いと体に応えます。

柴子犬 柴犬ブリーダー南総正宗荘です。

 

世の中も、ソロソロ正月気分もぬけてこの連休明け頃から本格的に動き出すことと思います。

しかし、動かない柴犬たち。今年は、昨年より力を入れて子だしする予定だったけれども、この調子では考えを改めるしかない。

需要が無ければ、産ませることも無く少しは楽ができそうですが生き物を扱っている以上、世話は同じこと。

こう寒くちゃ、外にいる時間が多いのでかなり足腰がきつい時もある。

子犬も順調に育ち、餌の時なども吠えたりすることなく座って自分の番を待つまでに育った。早く生まれた黒柴から始まり、15日生まれの3匹へと順番。

画像を入れ替えようとは思っていてもいろいろと用事などがあって思うように運ばない。

正月から休みなどを利用して親を預かってくれる施設があるので結構助かる。

介護は適当に、専門の方がいるのでお任せして、適当にやらないとこっちがぶっ壊れてしまう。

何度も言いますが身体は必要以上冷やさないことと、自分の体は自分で守ろう。