展覧会を省みる。

連休2日目、昨日もも暑くなり25°cを指してました。昨日でなくてよかった。

あまり暑いと展覧会どころじゃなく、犬たちも動きが悪くなる。そのため夏場は、北国の方で行われるようになっているようです。(JKCの場合)

日保の場合は春と秋の展覧会があります。今日改めて出陳目録を見ると、紅葵の竜二号が種オスとしてよく使われているのがわかった。

また、メスは春ちゃんが多く出産していた。春ちゃんは一時は当犬舎に在籍していたことがあり、今、生まれた犬舎で頑張っている。時折、所要で立ち寄ると声を覚えていてくれて私としてもとても嬉しい。昨年、私が連れてきて販売していた雌で買い手が無かったのが今いる美奈で、やはり父親は紅葵の竜二号で美奈も今後どこまで登れるか楽しみで秋季展は、一段登って壮犬組を挑戦する予定。

この父親の紅葵の竜二号を仮に検索しても多分何も出てこないはずです。なぜなら役員の方々は自身のホームページを持っている方が少ないからでここに紹介した犬たちはどれも大変すばらしい柴犬たちですので展覧会に関心がなくても柴犬の良さを十分味わえることと思いますが、普通のショップでは扱っていません。

秋季展には、今、販売中の兄妹が出てくるはずなので先がとても楽しみです。

もう一つ楽しみは、来月の12日に群馬県の高崎市で行われる関東連合展の行方が楽しみでこちらはかなりの頭数が予想され、また、見知らぬ方と犬のご縁で知り合うこともでき話が付きませんし良い勉強の場でもあります。