換毛期に注意。

3月に入って幾分暖かさが増したような気もするがまだまだ気が抜けず、朝晩は肌寒い。早春賦にも歌われているのと同じだ。

この数日もいろいろと忙しく貧乏暇なしとは俺の事なのか?。今日もいろいろと手続きの書類提出に覆われてしまった。それでも生き物は待ってはくれないのだ。

2月生まれの子犬たちにフードの味を覚えさせようとすると、心配するようなこともなく子犬の方から母乳を飲んでいるかのようにパクパクと飲み込んでくれたので手間が省けた。この分では、これから先の暖かさも手伝いスムーズな成長と管理が行き届くと感じている。

今の時期は、個体差にもよるが換毛期に入っているので古い毛の入れ替わりが著しく激しいのでブラッシングをする際にわきの下や内股等、皮膚の弱い部分をしっかりと観察してケアしてあげましょう。少しでも赤くなっていたなら早い手当をしてください。

硫黄入りのシャンプーを少し薄めて脱脂綿に取りそのまま幹部にこすり付ける程度で完治するはずです。但し、あくまで早期発見が第一です。

明日は彼岸前に自宅の土手の熊笹等の伐採などができるかどうかで環境が変わり、春草の出る前に勝負せねば。