暖かな朝でした。

暖かな朝を迎えると、きまって天気は崩れます。

コンテナハウスの一部に水漏れが生じて補修作業などの仕事が増え、どうやら目地周りのコーキングの葉枯れのようなのですが、中古を買って20年近くなるのでトタン板を使っての補修作業となるのでまずは、資材調達から始め。

古くなるとあちこちと穴が開いたり、錆びたりと、毎日が何かしらあり追いかけている状態ではあるが、それもそれなりに色々と勉強になり結構自分の手で間にあうので安上がりである。

できるものは自分の手でしかもきれいに仕上げるのが原則。それじゃあー犬達はどうなんだと言われると、10月生まれも検診済みで毎日兄妹じゃれ合っている状態で毛色も綺麗な赤に仕上がりそう。

今年の下半期は、柴犬の流通がかなり鈍そうな感じで、ちょうど10年前前後にも鈍い時があり、柴犬をやめたブリーダーも多かったような記憶がある。当時の犬舎には、ポメラニアンとダックスフンドがいて流通は良かったものの、当時の柴も流通面では鈍っていたのを思い出した。

ダックスなどではいろんな毛色があるが、交配してはいけないダップル同士などその他あるので特に注意が必要とされるがなんでもその犬の事をよく知ったうえでの交配をしなければならないが、よく言う、異母兄弟、異父兄弟があっても問題はないが、新たに生まれてくる命に害があっては決してならない。

最近はミックスが多く、一個人としては繁殖者の立場で理解できない。間違ったことをして傷つくのは物言わぬ動物なのです。