虫歯

今朝は10°cを切っていて前日の暖かさから急変してとても肌寒かった。ここ数日、食事が遅い犬がいるので口を開けさせ覗いてみると何と奥の方の歯が、かなりグラグラとしていたので何気なく瞬時にしてその歯を抜いてやった。驚いたようで急に逃げ出したが、何のこともなく直ぐに帰ってきて残りの餌を綺麗に食べ始めた。

この子は、子と言ってもすでに6歳を過ぎていてあまり固いものは食べなかった。しかしこの一本を抜くことで食べ方が違い、犬本来の速さで食してくれたので結果としてはまるでした。グラグラした歯で食べにくかったのでしょうか?、ついでに歯石なども落として歯が綺麗になり若返ったようです。

ちなみに、固いものを食べるようにしていれば歯石などは、あまりつかないのでしょうが犬の数が多いと互いに競争するようになるので固すぎるものは私としては避けている。が、俺からの時期は、寒さのためにアバラ骨などをたまに与えるとがちっがちと音を立て食する姿は、やはり犬そのものです。