柴子犬 

今日くらいの温度では、比較的に過ごしやすかったのではないでしょうか?。

曇り空の為、残念ながら例の日食は見ることができなかった。今度は30年後だそうです。

30年後は骨になっているかもネ?。

その後次第に明るく日も差してくれたのですが、いつ泣いてもおかしくない空の為、1匹づつ外へ出すことに。

お昼近くに柴犬の女の子をお迎えのお客様がおいでになり2匹目の姉妹を無事お渡しできました。

この子にもご家族様共々、末永く幸多かれと願っています。

ふと、気づくと、姉妹は、県内を3つに分けて巣立つことになったわけです。

明日は、一日雨模様。雨天でもクリーンセンターへ汚物の搬入作業が待っています。大雨にならないことを願ってます。