暖かくなると蚊に注意。

朝晩寒いですが大分温度も上がってきています。このころになると厄介なものが現れますね、それは蚊です。

今日、一部の犬を除きフィラリア予防薬を投与しました。昨年は11月が最後の投与でした。早いもので蚊の発生する季節がやってきました。

昔は、フィラリア予防の薬があっても多分高価だったのではないでしょうか?。又、獣医師もそう、多くはいなかったようです。

共済組合の家畜の獣医くらいだったような記憶です。遊んでいるとよく手伝わされたもんです、それも牛の出産などで子牛の足にロープを縛り母牛から引っ張りだしました。よく手伝わされたので犬の出産時にも平気でした。子供のころでしたがいい経験をしました。

下痢などの場合は、親がよく消し炭を使っていたのを覚えています。風邪ひいたときは、家庭の常備薬などを利用してました。何と言ってもごはんに味噌汁が犬たちの食事という時代だったので長生きしませんでした。今は、餌は最高だし、薬もあるので幸せでしょう。