残念です。

柴犬 24/01/24生まれの3兄弟。昨日の体調不良の子ですが、今朝、残念ながら兄弟たちから一人旅立ってしまいました。私自身、こうなるのは薄々わかっていましたが、生きているものを見過ごすわけにもいかず、一時は元気になったもののその快もなく27日早朝に旅立ってしまいました。なんとはかなく短い命だったのでしょうか。

残念な結果ではありますが、目が開いてない分救われた感じです。残りの兄弟たちにはしっかりと育ってほしいものです。寒いこの時期に生まれた子犬たちのリスクがいかに大きいかがわかるかと思います。37°cの状態から出てきたところはマイナスの温度です。生まれた子も、親も大変です。寒い時期は、出産頭数も少ないんです。

 

話題を変えます。

元旦生まれの黒柴の子犬の口の下側にちょっぴりと犬歯が出始めていました。こうなると日ごとに少しづつ歯が出てくるようになります。もうすぐです。今朝は、とても寒く水道水が出始めるのにだいぶ時間がかかってしまった。それどころか湯沸かし器までもが凍って出なかった。今年はいつもの年より寒すぎる感じでインフルエンザが流行っているらしいですね。犬舎では、夜、薄めた消毒薬にタオルを浸して軽く絞った状態のタオルをエアコンの吹き出し口の近くに下げています。こうすることで空気中の細菌などの消毒にも役立っていますので、ケンネルコフはないです。。