無題

今日から、仕事始め。年末からのお客さんを市のクリーンセンターに搬入しました。かなり重かった。帰りがけに見るコンビナート地帯の風景。いよいよ現場も始動始めたか。帰り道でうちの柴によく似た柴犬を発見。車より降りてみていると畑の中から声をかけられた。その方は、9年くらいになろうか?。柴犬を購入してくださったN様だった。家の方向とは違うがこんな場所でお会いできるとは驚いた。

やはり私の感は的中した。白い毛が若干あるものの、元気な柴犬だった。とても大事に育ててくださっているようでとても嬉しくなったきた。(大分、自慢話をされました)

さて、11月生まれの柴子犬たちも、私の音、声にとても敏感に反応するまでになってきた。良く食べ元気一杯。兄弟も徐々にじゃれあいながら育っている。

ツꀀ