朝晩は肌寒いです。

先日の暑さも、彼岸を境に急に涼しいと言うよりは肌寒くなってきました。

温度変化が激しいですが、犬たちも確実に温度変化に対応し始めています。

それは、愛犬を見ると直ぐにわかると思います。そう、換毛期の始まりです。

出産が終わり、いっせいに毛の抜け始めた柴犬もあれば抜け初めの柴犬等さまざまです。

今朝は、15℃ほどでしたが母犬が下痢状態でした。一食抜いて夕方にはどうやら治ったようです

。母犬も大変です。子犬の排泄物の処理を一手に引き受けているのですから、9月生まれの子供たちも

もう直ぐ母犬から人にバトンタッチです。早めにフードに馴染ませておくことで案外早く自力で食べてくれます。

子犬がフード食べるようになると、やがて母犬は子犬の排泄処理をしなくなります。それでも子犬を母犬につけると

お乳をむさぼり付くように飲むんです。この繰り返しで徐々に離乳へと切り換えていくんです。

8月生まれの子犬も順調に育ち、今は、自力で食べています。

これから先、我が家のボクサーなどは、短毛種なので食事にひと工夫します。寒さを防ぐ為に。

明日は、晴れそうなので出産があるかも。

ツꀀ